楽天のサービスについて

【2020年版】楽天プレミアムカードの魅力と楽天ゴールドカードとの損益分岐点について解説

「楽天プレミアムカードって有料だけど元取れるの?」

「楽天市場でどれくらい買い物をしていたら得になる?」

 

この記事ではあなたのそんな疑問を解決していきます。(楽天ゴールドカードとの損益分岐点についても解説します)

 

柴犬くん
柴犬くん
結論から言うと 「空港ラウンジをよく利用する」または月に4~5万ほど「楽天市場」を使う方にお勧めのカードです 

 

楽天プレミアムカードとは

楽天プレミアムカードって知っていますか?

名前の響きからなにやら「高級」な感じがしますよね。笑

 

こちら名前から分かるように「楽天」が発行しているクレジットカードの1つになります。

 

楽天カードというと「年会費無料」のカードというイメージがありますが、実は楽天プレミアムカードのように「年会費のかかる」カードも存在しています。

 

大きく分けると、この3つが存在します。(厳密には様々な種類があります)

  1. 楽天カード(年会費無料)
  2. 楽天ゴールドカード(年会費2,200円)
  3. 楽天プレミアムカード(年会費11,000円)

 

楽天プレミアムカード以外についての解説記事はこちら

楽天カードについて解説しました

楽天ゴールドカードについて解説しました

 

個人的には無料版の楽天カードでも節約としてかなり優秀だと思っています。

 

そんな中私は「楽天プレミアムカード」という年会費11,000円もかかるカードに切り替えました。

 

切り替えた理由としては、私にとってはそのほうがお得だったからとなります(詳細は後述)

 

柴犬くん
柴犬くん
最後まで読んでいただけると あなたにとってもお得 かもしれません

 

 

次の章では楽天プレミアムカードの魅力について紹介していきます。

楽天プレミアムカードの魅力について紹介

楽天プレミアムカードの魅力は以下の3つになります。

  • 空港ラウンジが利用可能
  • 海外旅行保険、国内旅行保険付帯(最高5000万円)
  • SPUが上がり、楽天プレミアムが1年間無料

 

柴犬くん
柴犬くん
順番に解説していきますね!

空港ラウンジが利用可能

飛行機で旅をする際に、

「待ち時間がとても退屈だ」

と思ったことが皆さんにはありませんか?

 

私は以前、空港で2時間以上の足止めを食らったことがあります笑

 

この時はなすすべもなく空港のベンチで2時間を過ごすこととなりました。

しかし、今思い返せばこの楽天プレミアムカードを持っていれば快適な「空港ラウンジ」を利用することが出来ていました。

 

年会費2,200円(税込)の「楽天ゴールドカード」でもこの空港ラウンジが利用できることにはできるのですが、あちらは年に2回まで無料ということでお得さに欠けます。

 

しかしこの「楽天プレミアムカード」ではその回数制限がありません。

 

優雅な旅をしたいという方には検討の価値ありのカードとなります。

 

詳細はこちらから楽天プレミアムカード

 

海外旅行、国内旅行保険が付帯されている

こちらの楽天プレミアムカードには国内旅行、海外旅行の際の保険が付帯されています。

簡単にまとめると下記のような保険が付帯されます。

国内旅行保険

傷害死亡保険金 最高5000万円

傷害後遺障害保険金 最高5000万円

入院保険金 日額5000円(最大180日)

手術保険金 (事故発生日から180日までに受けた手術)

通院保険金 日額3000円(最大90日)

 

海外旅行保険

傷害死亡、後遺障害 最高5000万円

傷害治療費用 300万円

疾病治療費用 300万円

賠償責任 3000万円

携行品損害 50万円(20万円分は利用条件あり)

救援者費用 200万円

 

とこれらの保険が付帯されています。

 

柴犬くん
柴犬くん
「旅行の際に何かあったら心配だわ〜」という方には安心の保障ですね!

 

ざっくりとした説明になっていますので、詳細については楽天プレミアムカード公式にて確認ください。

楽天プレミアムカードの詳細はこちら

 

SPUが上がり楽天プレミアムが1年間無料になる

SPUが分からないよという方はまずこちらの記事からお読みください。

 

この「楽天プレミアムカード」を利用することでSPUが最大4倍になります。(通常の楽天カードだと2

 

1万円分の買い物をしたとすると「200ポイントの差」が毎回生まれるということになります。 節約の観点からも見逃せないポイントですよね。

 

さらに、この「楽天プレミアムカード」を申し込みすると

「楽天プレミアム1年間無料」

という特典がついてきます。

楽天プレミアムとはなにか

 

  • 通常年会費3900円で利用できるサービスです。
  • 「楽天市場」で発生した「送料」分をポイントでバックしてくれます。
  • 会員限定クーポンあり
  • 楽天トラベル、楽天ブックスなどプレミアム会員限定の特典あり

 

と色々な特典がありますが、とりわけ重要なのが赤文字で示した部分となります。

 

月に1注文ごとに最大500円を10回まで「ポイントバック」してくれるため、よく楽天市場を利用するよというかたは元が取れるサービスになっています。

 

楽天プレミアムカードで「得」が出来るのはどんな人?

最後に楽天プレミアムカードで得ができる人についてまとめていきます。

結論から言いますと、

空港ラウンジをよく利用する人

「楽天市場」をよく利用する人

が楽天プレミアムカードで得が出来る人になります。

 

柴犬くん
柴犬くん
私は楽天市場をよく利用する人(犬)に当てはまります

 

ラウンジをよく利用すれば当然元が取れるのは説明するまでもありませんので、楽天市場をよく利用する人について解説していきます。

楽天市場をどのくらい利用すればお得なのか(具体例付き)

先ほど「楽天プレミアムカード」は「楽天カード」と比べて、2倍ほどポイントの還元率が良いとお伝えしました。

SPU2倍=2%還元アップ

 

つまり2%分のポイントアップで11,000円の年会費の元を取れれば良いわけなので計算は以下のものになります。

 

11,000÷0.02=550,000

年間55万円、月でいうと約46,000円を楽天市場で使えば元が取れます。

そう言うと

女性
女性
いやいや そんなに使えないわよ!
男性
男性
そうだそうだ! 使えないよ!

と思われる方が多いと思います。

 

そこで私なりに達成するための例を挙げておきたいと思います。

まずはイメージしやすいように条件設定をしておきます。

条件:1.年間支出300万円

条件:2.年収400万円

条件:3.夫婦子あり(奥様は専業主婦と想定)

 

まずは楽天ふるさと納税を利用しましょう。(ふるさと納税のやり方はこちら

ふるさと納税とは税を先に収めることで、返礼品などを受け取れる制度(自己負担2000円あり)

先ほどの「条件2.年収400万」からざっくり計算すると、25,000円までふるさと納税が可能です。(各種条件によって変動あり)

 

これでまず25,000円使えたので550,000円から差し引き残りは525,000円

 

次は、日々の「生活消費財」や「娯楽品」、「食品や飲料」、「洋服や靴」などが購入できないか考えてみましょう。

 

先ほどの「条件1.年間支出300万」から月の消費額は25万円となります。(これは日本の一般家庭の消費額とほぼ同等です)

 

月に25万円使っている中から、残り月額44,000円(52.5万円÷12ヶ月)ほどを楽天から購入すれば良いだけです。

 

購入例

日用品6,000円

娯楽品15,000円

食料品,飲料15,000円

洋服や靴8,000円

 

計44,000円

 

もそれくらい購入していますので、それほど難しくないはずです。

 

また月に2回ほど開催されている「楽天買い回りセール」と合わせて買えば思った以上にお得に買い物をすることが出来ます。(お得に買い物をする方法はこちら

 

柴犬くん
柴犬くん
私は楽天をよく使うので かなり元を取れていますよ〜

 

楽天ゴールドカードとの損益分岐点はどこ?

この章では、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの損益分岐点について解説して行きます。

楽天プレミアムカード.ゴールドカードのおさらい

 

楽天ゴールドカード

年会費2,200円(税込)

年間2回まで空港ラウンジ利用可能

SPU+3倍の上限は5000ポイント(購入上限額166,666円)

 

楽天プレミアムカード(年会費11,000円税込)

年会費11,000円(税込)

年間何回でも空港ラウンジ利用可能

SPU+3倍の上限は15,000ポイント(購入上限額500,000円)

 

空港ラウンジをたくさん利用する方はもちろん楽天プレミアムカードの方がお得と言えますので、今回はこちらは省略して「SPUで得られるポイント」の側面から考えて行きます。

 

楽天プレミアムカードとゴールドカードの損益分岐点はここ

楽天ゴールドカードの年会費は2,200円(税込)

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)

 

11,000-2,200=8,800円の差額となります。

 

楽天SPU+3倍のポイント獲得上限は先ほど説明した通り、

楽天ゴールドカード5,000ポイント (166,666円)

楽天プレミアムカード15,000ポイント (500,000円)

 

つまり166,666円を超えて買い物をする場合にもらえるポイントが、先ほどの年間8,800円の年会費を超えれば「楽天プレミアムカード」の方が得になります。

 

したがって計算式は、

8,800円÷0.03=293,333円

これを12ヶ月で割ると

293,333円÷12ヶ月=24,444円

 

楽天ゴールドカードの月上限購入金額に足すと

166,666+24,444=191,110円

月平均191,100円以上購入する方は楽天ゴールドカードより楽天プレミアムカードの方が得となります。

 

柴犬くん
柴犬くん
空港ラウンジを利用する方はこの限りではありませんからお間違えなく!

 

そんなに使わねぇよ! って方はこちらで楽天ゴールドカードと楽天カードの損益分岐点について書いていますので合わせてお読みください。

【2020年版】楽天ゴールドカードの魅力と楽天カードとの損益分岐点について徹底解説します楽天ゴールドカードについて徹底解説しています。 また、楽天カードとの損益分岐点についても例を用いて分かりやすく解説しています。...

 

まとめ

楽天プレミアムカード」は「通常の楽天カード」と違い11,000円の年会費のかかるクレジットカードである。

 

特典は

  • 空港ラウンジが利用可能
  • 海外旅行保険、国内旅行保険付帯(最高5000万円)
  • SPUが上がり、楽天プレミアムが1年間無料

 

などがあります。

 

「楽天プレミアムカード」で得ができるのはこんな人!

  • 空港ラウンジをよく利用される方
  • 楽天市場でよくお買い物をされる方(年間55万円ほど)

 

年間55万円も買えないよと言う方はこちらをチェック

楽天ふるさと納税(シミュレーターはこちら)

楽天で「日用品」「娯楽品」「洋服等」の購入ができないか検討

 

楽天プレミアムカード詳細はこちら

 

楽天プレミアムカードは断念という方は無料の「楽天カード」または「楽天ゴールドカード」をお勧めします。

解説は以下。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です