保険

火災保険は必要か?【必要です】~徹底解説します~

「火災保険って必要なのかなぁ?」

「火災保険について知りたい!」

「火災保険の保障の選び方も知りたい!」

 

この記事では、そんな疑問を解消します。

 

柴犬くん
柴犬くん
この記事の結論から言うと、

火災保険は「家の損害」という大きなリスクに備えられる割にコスパが良い優秀な保険です

 

火災保険とは

火災保険とは、損害保険の1つで「お家」に対してかける保険です。

 

お家を火事燃やしてしまうというリスクは誰にでもあるものなので、大切なお家を守るためには是非とも付けておきたい保険です。

 

また、火災保険という名前から「火災のみ」に対応した保険と勘違いする方がいますが、実際はお家に関わる様々な損害に対して幅広く保障される保険です。

 

この記事では、

①「火災保険の保障

②「加入時のポイント

③「火災保険の申請方法

などについてわかりやすく解説していきます。

 

火災保険の保障について

火災保険の保障は、先ほど申し上げた通り「火災」のみならず、お家に関わるいろいろな損害に対しても有効です。

 

火災保険で対応される保障例

  1. 水害:洪水などによる床上浸水など
  2. その他自然災害:落雷、雪害、風災、水漏れ
  3. 子供が突発的にお家に損害を与えた

などなど色々な保障を受けられる保険です。

 

もちろん、どこまで保障されるかについては自分で決める部分です。

 

例えば「水害保障」を付けなくて良い地域ではその分保険料が安くなります

 

たくさんの保障がある「火災保険」ですが、その保険料はかなり激安です。

 

大体どの保険会社も月々2,000円程度出せば、上にあげた保障を全てつけることが出来るのではないでしょうか。

 

柴犬くん
柴犬くん
家を失う大きなリスクに備えるには随分安い金額ですね

詳しい見積もりについては、下記のリンクから確認できます

 

 

火災保険の見積もりはこちら

 

以下で、火災保険に加入する際のポイントについて詳しくみていきましょう。

 

火災保険加入時のポイント

こちらでは、火災保険に加入する際に必ず確認すべきポイント」を解説します。

保険対象の選定

火災保険では、まず「保険対象の選定」をする必要があります。

 

保険対象は次の3つから選びます。

  1. 建物のみ
  2. 家財のみ
  3. 建物+家財

 

建物のみを選択した際は、落雷等による「電子機器」など家財への損害保障外となります。

逆に、家財のみを選択した際は「建物」への損害保障外となります。

 

一軒家をお持ちの方は「建物+家財」を選ぶのが良いでしょう。

反対に、賃貸にお住みの方は「家財のみ」を選ぶのが良いでしょう。

 

柴犬くん
柴犬くん
大家さんが「建物」についての火災保険に入っているはずなのでこのような答えになります

 

保障範囲の種類

こちらは、任意で「カスタマイズ」していく部分になります。

 

ベースとして、「火災」に対する保障がついているためそれ以外の保障についてご自分でカスタマイズしてください。

以下に例を挙げておきます。

川の近くに住んでいるので、水災保障をつける

台風による風の影響をよく受けるので風災保障をつける

盗難による被害保障をつける

などなど

 

柴犬くん
柴犬くん
不要な保障を省くことで保険料が安く抑えられます

 

保障範囲は自分に必要なものだけを見極めましょう

 

保険金額の選定(新価と時価)

火災保険の保険金額の考え方には2通りあります。

それが「新価」「時価」です。

新価とは:その物件と全く同じ物件を新しく建築するまたは、購入するにかかるお金の全額

時価とは:新価から経年劣化の消耗分の金額を差し引いた金額

 

これをかんたんにいうと下記のようになります。

「新価」で契約すればお家が全焼してしまった時に「全額保障」

「時価」で契約すればお家が全焼しても、その時の価値分を保障

 

柴犬くん
柴犬くん
新価の方が時価よりも保険料は高くはなりますが、再建築や再購入費用を考えると「新価」に軍配が上がると私は考えます

 

建て替えや購入費用をまかなえる「新価」で契約することをおすすめします

 

借家人賠償保険がついているか

こちらは「賃貸物件」に住んでいる方のみ、関係のある保障です。

借家人賠償保険とは:偶然の事故により、借りている部屋に損害を与えてしまった場合に保障が受けられるもの

 

具体例を出します。

ちょっと目を離した隙に「子供」がお部屋に損害を与えてしまった

 

こういった際に、保障されるのが「借家人賠償保険」です。

 

子供は予想外の行動を取るものですから、それに備えておくことが必要ですよね。

 

借家人賠償保険には少し注意点があります。

保険会社によって「保障されるもの」と「保障されないもの」の分け方が違う

あくまで、「突発的で偶然な事象」のみを保障する

 

柴犬くん
柴犬くん
故意に壊したものはもちろんダメですからねー!

 

賃貸にお住みの子育て世帯は「借家人賠償保険」をつけることをおすすめします

 

地震保険はつけるのか

こちらは「持ち家」を所有されている方のみ関係のある保障です。

 

火災保険には、「地震保険」というものを付帯することができます。

地震保険とは:火災保険とセットでのみ契約することのできる保険で、地震や噴火、津波で家が損害を受けた場合に保障される

 

日本は「地震大国」と呼ばれているほど地震が多い国なので、「つけるべき」という意見も散見されますが、ここは一考の余地ありです。

 

なぜ一考の余地ありかというと、地震保険の保障が微妙と言わざるを得ないからです。

 

微妙なポイントは以下の3つ

  1. 火災保険の保険金額の30%から50%の金額までしか設定できない
  2. 建物の保障はは5000万円、家財の保障は1000万円までと上限がある
  3. 全損、半損、一部損のどれに判定されるかで保障額が大きく変わる(全100% 半60% 一部5%)

 

柴犬くん
柴犬くん
全損となれば大きい金額が入りますが、半損と判定されただけで4割保障額が下がります

これは微妙ですね〜…

 

ちなみに保険料は「地域」や「家の構造」によって異なります。

愛知県 木造 24,700円/年

東京都 木造 38,900円/年

 

地震保険は保障が微妙なので、どうしても付けたいという方以外は不要

 

支払い方法

最後は保険料の支払い方法です。

火災保険の支払いには大きく3種類の支払い方法があります。

それぞれの特徴を下記にまとめてみました。

 

一括払い:保険料が1番安くなるが、一度に払い込む金額が大きくなる 保険の見直しが出来ないデメリットあり

 

年払い:保険料は2番目に安くなる。 保険料支払いの計画が立てやすい 払い込み忘れをするデメリットあり

 

月払い:保険料は高くなるが、保険料支払いの計画が1番立てやすい 払い込み忘れをするデメリットあり

 

柴犬くん
柴犬くん
どれも一長一短なので、自分にあった払い込み方法を選択してください

 

 

保険料の試算は火災保険の一括見積もりサービスがおすすめです。

 

 

火災保険加入時のポイントまとめ

保険対象の選定は、一軒家の方は「家財+建物」、賃貸の方は「家財のみ」がおすすめ

保障範囲は「水害」など自分の住んでいる地域のリスクを考え加入しましょう

保険金額は「新価」がおすすめ

子育て世帯は借家人賠償をつけると良い

地震保険は保障が微妙なのでどうしてもという方以外は不要

保険料の支払いは「一括」「年払い」「月払い」があり、自身が計画しやすいものを選びましょう

 

 

柴犬くん
柴犬くん
火災保険はここだけ抑えて貰えばOKです!

 

次で火災保険の申請方法について解説していきます。

 

火災保険の申請方法

この章では、火災保険の申請方法について詳しく解説していきます。

火災保険の申請手順は全部で3ステップあります。

 

1.保険会社への連絡

事象が発生したら、まずは保険会社への連絡をします。

この際には、保険証券をお手元に用意するとスムーズに進みます

数日後に保険金の請求に必要な書類が送られてきます。

事前に約款を確認して、その事象が「保険対象」であることを確認しておきましょう。

 

2.保険会社へ必要書類の返送

保険会社から送られてきた書類に「必要な書類」を添付して送り返しましょう。

一般的には、

  • 保険金請求書
  • 修理費用の見積書
  • 被害の状況がわかる写真

などが必要となります。

 

何かお家に損害が発生したらまずは「写真」という形に残しておくこと

 

3.保険会社による調査、入金

提出した保険金請求書や見積書、写真などを元に保険会社の「鑑定人」が調査を行います。

被害が明らかでない場合は、実地での調査になる場合があります。

 

調査が終わり、「保険対象」と判定されればあなたの指定口座にお金が入金されます。

 

柴犬くん
柴犬くん
大事なことは、何か起こったら

「証拠写真を残す」ということですね!

 

火災保険は必要か?【まとめ】

火災保険は必要な保険です。

 

理由は、「火事」は誰にでも起こしてしまうリスクがあり、起こしてしまった場合生活に困窮してしまう可能性があるからです。

 

また火災保険は、「火災」以外の事象にも対応したいわば「万能保険」です。

 

保険対象の例は以下の通り

  1. 水害:洪水などによる床上浸水など
  2. その他自然災害:落雷、雪害、風災、水漏れ
  3. 子供が突発的にお家に損害を与えた

 

柴犬くん
柴犬くん
お家の損害に備える「強い味方」ということですね

 

火災保険加入時のポイントは以下の6つ

保険対象の選定は、一軒家の方は「家財+建物」、賃貸の方は「家財のみ」がおすすめ

保障範囲は「水害」など自分の住んでいる地域のリスクを考え加入しましょう

保険金額は「新価」がおすすめ

子育て世帯は借家人賠償保険をつけると良い

地震保険は保障が微妙なのでどうしてもという方以外は不要

保険料の支払いは「一括」「年払い」「月払い」があり、自身が計画しやすいものを選びましょう

 

保障は同じものでも、保険会社によってそれぞれ「保険料」が大きく異なります。

 

一番安い火災保険を見つけるならインズウェブがおすすめです!

 

 

その他の保険についても記事を書いています。

医療保険には入るべきか?【ほとんどの場合不要】「医療保険って必要なのかな...」 「みんな口を揃えて勧めてくるけど...」 「医療保険が必要か不必要か知りたい!」 ...
学資保険は必要?不要?【基本的には不要】~例外あり~「子供が生まれたけど学資保険入った方がいいのかな...」 「親は学資保険に入りなさいって言ってくるけど...」 「学資保険の...
がん保険は必要なの?不必要なの?【徹底解説します】「がん保険って必要なのかなぁ...?」 「2人に1人はがんになる時代だっていうけど...」 「みんな入っているらしいなぁ.....
自動車保険は必要?【必須です】つけておくべき補償はこれ!「自動車保険って必要なの?」 「なんで必要?」 「つけておくべき補償はどれ?」 この記事ではそんな疑問を解決し...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です