投資コラム

【投資初心者に向けて】投資とは何か?簡単に解説します

「投資ってなに?」

「種類について詳しく知りたい!」

「破産するってみんな言うけどそれは本当?」

 

この記事では、あなたの疑問を解消します。

柴犬くん
柴犬くん
初心者向けに専門用語を使わず解説しますね!

 

投資とは何か?【種類と投機との違い】

投資については次の順番で解説していきます。

  • 投資ってなに?
  • 投資の種類について
  • 投機との違いについて
柴犬くん
柴犬くん
順番に解説していきますね

 

投資ってなに?

投資とは、将来的にお金を増やすために「自分のお金」を投じるという行為を言います。

 

投資=破産

投資=危ないもの

 

という悪いイメージが先行していますが、

 

実際には正しい投資知識を身につけることでそういったリスクは避けることができます。

 

正しい投資手法を身につけるためには、「投資に関しての本」をまずは一冊読まれることを推奨いたします。

 

柴犬くん
柴犬くん
この本は初心者向けに書かれているためとても分かりやすいです

 

 

投資の種類について

一言に投資といってもその種類はとても多いです。

 

特に有名な投資の種類としては下記のものがあります。

  • 銀行預金
  • 株式投資
  • 投資信託
  • ETF
  • 債券
  • 不動産投資

 

柴犬くん
柴犬くん
これらは6つの投資は、しっかりイメージを掴んでおいてください

 

この5つについて詳しく見ていきましょう。

 

 

銀行預金

 

女性
女性
えっ?銀行預金が投資なの?

 

はい。 銀行預金もれっきとした投資の1つです。

 

先ほど「投資ってなに?」で解説しました通り、

 

銀行預金も「将来的にお金を増やしていくために自分のお金を投じる」という意味では同じなので投資に該当します。

 

柴犬くん
柴犬くん
微々たる金利とはいえお金が増えますから「リスクの低い投資」といえますね

 

銀行預金も投資の一種である

メリット:かなり低リスク

 

次は株式投資について解説していきます。

 

 

株式投資

株式投資とは、企業の発行する株式を購入し、その値上がり配当でお金を増やしていく手段ですね。

配当とは:自分の持っている株に対して、企業が得た利益を分配してくれるというものです

 

株は「ハイリスクハイリターン」と言われますが、それは各投資手法や個人のリスクの取り方によって変わってきます。

 

株式投資の手法一例

  • バリュー株投資:割安の株を買って値上がり益を狙う投資
  • グロース株投資:企業のこれからの成長力に期待する投資
  • 高配当株投資:株の保有による配当金を狙う投資

 

これらの投資手法のどれを選ぶのか

どういった銘柄を購入するのか

また自分の持っているお金の何%を投資するのか

柴犬くん
柴犬くん
これらの選択によりリスクが上がったり下がったりします

 

※株式投資は初心者向けではないので「ふ〜ん そうなんだ」程度に思ってください。 ハイリスクハイリターン

 

投資初心者におすすめなのは次の投資信託です。

 

 

投資信託

投資信託は、簡単にいうと「みんなでお金を出して株式などの資産を分散購入しよう」という仕組みです。

男性
男性
なぜそんなことをするの? 自分で買えば良いんじゃないの?

 

私も最初は同じことを考えました。

 

しかし、投資信託について仕組みを勉強してみると「なんて良い仕組みなんだ!!」と考え方が変わったのを覚えています。

 

投資信託が素晴らしい仕組みである理由を一文で簡単に説明すると、

個人で株に分散投資するのは容易ではない

ということになります。

 

例を示します。

トヨタと任天堂の2社とその他複数社に分散をしたい

こう考えたとしましょう。

 

トヨタの株価は1株6,395円(2020.3.20現在)

任天堂の株価は1株37,230円(2020.3.20現在)

 

株は原則100株単位でしか買えませんから、この2社を買うだけで430万円ほどのお金が必要になります。

 

これで他の会社にも投資できるお金があるのは、一部の資産家だけですよね?

 

 

これを、可能にした仕組みが「投資信託」なのです。(100円から買えます)

 

投資信託はたくさんの投資家から少額ずつお金を集めて、たくさんの種類の資産に分散する仕組み

メリット:分散が容易 少ない資金から始められる

 

投資信託を買う際には、「つみたてNISA」の仕組みを使いましょう

【初心者向け】つみたてNISAってなに?徹底解説|図解付き

 

続いては、ETFの解説です。

 

ETF

ETFとは、株式投資と投資信託の中間に位置するような商品を言います。

要約すると、「株のようにリアルタイムでトレードできたくさんの商品に分散投資できるもの」です。

 

こちらも初心者向きではないので、とりあえず

 

「そういうもんなんだなぁ」くらいで大丈夫です。

 

続いて債券についてみていきましょう。

 

債券投資

債券投資とは、銀行預金と並んでリスクが低いと言われる投資です。(リターンも低い)

債券とはいわばお金を貸すこと。

債券の名称は、国(国債)や地方(地方債)、企業(社債)など相手によって変わります。

 

株式投資など「大きなリスクをとる投資」が向いていないという方はこちらが選択肢に入ります。

 

債券投資とは、国や地方などにお金を貸して、その金額に応じて利子を受け取るもの リスクが低い。

 

最後に不動産投資について解説します。

 

 

不動産投資

不動産投資とは、ある物件を購入して「貸し出す」「売却する」などでお金を増やすという投資です。

 

他の投資と比べ、初期費用が多くかかるのが特徴です。

 

しかし、他の投資では使えない「銀行融資」が使えるという利点があります。

 

例えば、

資金が300万円あるとして、投資の利回りが年利10%あると仮定すると

300万円×10%=30万 になります。

 

手元資金が3,000万円だとすると投資の利回りが年利5%だとしても、

3,000万円×5%=150万円 になります

 

このように投資は規模のゲームであるため投資資金が多く使える方が有利になります。

 

銀行融資が受けられる可能性がある「不動産投資」の大きなメリットと言えますね。

 

もちろんその分、投資先を間違えると一気に資金繰りが悪くなり、最悪破産ということも考えられます。

 

柴犬くん
柴犬くん
私はビビリなので挑戦することはないと思います笑

 

不動産投資は、銀行融資などを使える点が有利だが物件選びが難しい

 

 

5つの投資手法についてざっくりのイメージを掴んでいただけたでしょうか?

 

続いて、投資と投機の違いについて説明していきます。

 

投資と投機との違いについて

投資について調べていると、投資と投機の境が曖昧なものが多いです。

 

投機とは、その機会に投資をするもの=ギャンブルと言っても良いものです。

 

代表例は下記

FX(為替取引)

仮想通貨

株式投資の信用取引

 

これらは私たちの資産を増やすよりも減らしてしまうことの方が多いものです。

 

投資=破産のイメージが強いのも、こういった投機と投資がごちゃ混ぜになっていることが原因です。

 

補足としてごく一部の天才は、こう言った投機でも勝ち続けることがあります。 (本当にごくごく一部なので、大部分の人は不可能と思っておけば丁度良いと思います。)

 

柴犬くん
柴犬くん
もしあなたがお金を増やしたいのであれば、投機ではなく投資をしていきましょう

 

こちらの本が参考になると思います。

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です