貯めるコラム

【目指せ1000万円】お金を貯めるために私が辞めたこと5選

ライオンくん
ライオンくん
お金を貯めたいなぁ…でも、みんなどこを節約してるんだろう…

 

この記事ではそんな疑問を解消します。

 

この記事を書いている私は、貯金がほとんど0の状態から「節約」を始めたことにより数年で1,000万円の貯金を達成しています。(私のプロフィール

 

私が節約を始めた際に辞めたこと5選ということで、特に効果の高かったものを上げていきます。

 

柴犬くん
柴犬くん
私の場合、ざっくり計算ですが今後40年で3,000万円ほど浮く予定です〜

 

節約のために私が辞めたこと5選

私が節約の為に辞めたことは次の5つ。

  1. 飲み会に行くのを辞めた
  2. 頻繁に喫茶店に行くのを辞めた
  3. 特に仲がよくない人の結婚式に行くことを辞めた
  4. 大手キャリアでの通信契約を辞めた
  5. 現金払いを辞めた

 

柴犬くん
柴犬くん
それぞれを辞めた事とその節約効果について解説していきます〜

 

①飲み会に行くのを辞めた

私は、節約を始める前は「毎週」何かしらの飲み会に行っていました。

 

友達や同僚、上司など相手はまちまちでしたが、気分が乗らない飲み会にも「付き合いは大事だから行っておこうかな」と毎度毎度行っていたのです。

 

柴犬くん
柴犬くん
本当に大事なのはプライベートな時間だと、この時はまだ気づいていませんでした…

 

飲み会となれば1軒2軒と、はしごをしますから毎週「1万円以上」の大金が財布から出て行っていたことになります。

 

入社後3年ほどはそんな生活をしていたので、使ったお金はざっくり下記の金額になると思います。

 

月4万円×12ヶ月×3年=144万円

 

キリンちゃん
キリンちゃん
流石に使いすぎね…
柴犬くん
柴犬くん
自分でもそう思います笑

節約を始めてからは少しずつ回数を減らしてます〜

 

私のように年間50万円くらい飲み会に使ってしまうと、40年余りの会社生活で「飲み代」に2000万円も使ってしまうことになりますね。

 

ライオンくん
ライオンくん
自分がせっかく働いたお金なんだから大事に使わないとだね…!

 

お金を貯める為に、私は「飲み会」に行くことをほとんど辞めました。

 

②頻繁に喫茶店に行くのを辞めた

私は、喫茶店に行くのがとても好きで、毎週末には「モーニング」に出かけていました。

 

節約業界では、「ラテマネーは節約の大敵だ」という言葉があるように、喫茶店にかけるお金もかなりの金額になってしまいます。

 

キリンちゃん
キリンちゃん
えっ? 毎日スタバに行くけど、500円程度だから別によくない…?
柴犬くん
柴犬くん
それもっと長い期間で考えたことがありますか〜?

 

例えば、40年間スタバに通い続けた場合どうなるでしょう。

1日500円使うとして、月に1万5,000円です。

これは年間で18万円という金額になりますね。

さらにこれに40年という数字をかけると…

 

なんと720万円に上ります!!

 

キリンちゃん
キリンちゃん
私の年収の2…2倍じゃないの…!
ライオンくん
ライオンくん
ラテマネー恐ろしや…!

 

このように「ラテマネー」は節約の大敵となり得ます。

 

柴犬くん
柴犬くん
お洒落なカフェに行くのは、たまに自分に上げるご褒美にすると良いかもしれませんね〜

 

私はお金を貯める為に頻繁に喫茶店に行くことを辞めました。

 

③特に仲がよくない人の結婚式に行くことを辞めた

私は、入社したての頃から節約を始めるまで「数多くの結婚式」に参加してきました。

しかし、よくよく考えてみれば「心から行きたいと思える結婚式」は片手で数える程度だったと思います。

 

結婚式にはセットで「祝儀」という文化があります。

 

ライオンくん
ライオンくん
お祝いごとだからしょうがないんだけど、重なると結構きついよね…

 

会社員として働いていると、「同僚」や「後輩」など数多くの「結婚式」に誘われることになると思います。

 

もちろん、全てに参加をするというのも良いのですが、その方たちが今後の自分を「お金の面」で助けてくれるかといえばそうではありません。

 

柴犬くん
柴犬くん
もちろん仲の良い人の結婚式には何を差し置いても行きますけどね〜

 

年に1回誰かの結婚式に参加すると、祝儀や交通費、二次会などでざっくり4万円ほどかかります。

 

これを40年の会社生活で考えると160万円くらいになりますね。

 

お金を貯める為に、私は仲がよくない人の結婚式に行くことを辞めました。

 

④大手キャリアでの通信契約を辞めた

あなたはお持ちの「スマホ」をどこのキャリアで契約していますか。

キリンちゃん
キリンちゃん
わたしはdocomo!
ライオンくん
ライオンくん
僕はSoftbank!
柴犬くん
柴犬くん
私はauで契約していました!

 

このいずれかに当てはまる方は、かなり「大きい金額」を生涯にわたって払うことになります。

 

私が、auに払っていた金額は毎月8,000円程度だったと記憶しています。

 

それが今では、約3,000円程度まで下がっています。(楽天モバイル使用)

 

キリンちゃん
キリンちゃん
なんでそんなに安くなったの?

 

それは、格安SIMに乗り換えたからです。

詳しくはこちらの記事をお読みください。

格安SIMの節約効果について【30年で○○万円!?】

 

月に5,000円安くなった私の通信料は、今後40年で考えると240万円の節約効果があることになります。

 

お金を貯める為に、私は携帯を大手キャリアで契約することを辞めました。

 

⑤現金払いを辞めた

あなたの主な決済手段はなんでしょうか。

 

私は節約を始める前は「現金のみ」で買い物を済ませていました。

 

今思えば、これもかなりの節約効果を逃していたことになります。

 

楽天カード(クレジットカード)を例に考えてみましょう。

 

楽天カードの還元率は1%ですが、今後40年間の決済をこれだけで行った場合はどうなるでしょうか。

 

我が家は年間240万円くらいの生活費がかかります。

これを全て楽天カードで決済した場合、年間2万4千円分貯まることになります。

 

つまり40年間で考えると、96万円の節約効果があることになります。

 

お金を貯める為に、私は「現金払い」をほとんど辞めました。

 

 

節約の為に私が辞めた事とその効果

飲み会に行くのを辞めた→2000万円浮いた

頻繁に喫茶店に行くのを辞めた→720万円浮いた

特に仲がよくない人の結婚式に行くことを辞めた→160万円浮いた

大手キャリアでの通信契約を辞めた→240万円浮いた

現金払いを辞めた→96万円浮いた

 

柴犬くん
柴犬くん
この生活を続けるだけで、40年で合計3,216万円浮くという計算になりますね〜
キリンちゃん
キリンちゃん
かなりざっくりな計算だけど、衝撃的な結果ね…!
ライオンくん
ライオンくん
僕も飲み会少し控えようかな…

 

これらを少しでも節約するかしないかを決めるのは、もちろんあなたです。

 

この記事が何か参考になれば幸いです。

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です