保険

【解説】生命保険が必要な人そうでない人【保険金額の考え方も紹介】

「生命保険って必要なのかな?」

「私は入るべき?入らないべき?」

「保障額はいくらにしたらいいの?」

 

この記事では、あなたのそんな疑問不安を解消します。

 

 

柴犬くん
柴犬くん
結論だけ言ってしまうと

生命保険が必要な人は、「子供など養う人がいる人だけ」です

 

生命保険とは

生命保険とは、自分が亡くなった場合に保険会社からお金が出るという「金融商品」です。

ネットで検索すると、

「生命保険は絶対必要な保険です!」

「生命保険は不要です!」

 

と色々な意見があり、自分が加入すべきなのかそうではないのか迷ってしまうと思います。

 

この記事では、「私って入った方がいいの?」と判断に困った人向けに、判断基準を分かりやすくお伝えしたいと思います。

 

生命保険が必要ない人はこんな人

生命保険が必要ないパターンは以下の2つです。

  1. 独身で養う人がいない
  2. お金に余裕がある人

 

 

柴犬くん
柴犬くん
順番に解説していきます

 

①独身で養う人がいない

このパターンに当てはまる場合は、「生命保険」を検討する必要はありません。

 

なぜなら、もし亡くなったとしても「生活が困窮する人がいない」からです。

 

保険というのはそもそも「万が一起こったら生活ができなくなる場合」にかけるものです。

例を挙げると以下

  • 車で人を跳ねてしまった(多額の賠償金)
  • 家を家事で燃やしてしまった(多額の修理費)

 

こう言ったリスクは誰にでもあり、なおかつ起こしてしまった時に「貯金」で対応することができません。

そのため「保険」をかける価値があります。

 

しかし、両親から自立した独身者の場合、自分の給料で養っている人は自分のみになります。

そのため、亡くなった後のためにお金を残す必要はありません。

 

したがって生命保険は不要と言えます。

独身の場合、なくなっても生活に困窮する人がいないため生命保険は不要である

 

柴犬くん
柴犬くん
もちろん親にどうしてもお金を残したいという思いがあれば話は別です

 

②お金に余裕がある人

このパターンに当てはまる場合も「生命保険」を検討する必要がありません。

 

お金に余裕がある場合とはどのような状態を指すのか。 私の場合はこう定義しています。

 

未来に起こりうるイベントにかかるお金を既に準備済みである

例えば、

  • 子供の学費分は既に確保している
  • 老後のお金の準備が終わっている

 

などの場合を指します。

 

妻子もちの場合であっても、子供の学費が工面できているのであれば、亡くなってしまったとしても生活だけしていける分を稼いでもらうだけなのでこれは誰でもできます。

 

老後のお金が準備できていれば、それまでの生活費を稼ぐだけなのでこれまた誰でもできます。

 

ですから、「生命保険」は不要と言えます。

 

お金が十分用意できていればわざわざ保険に加入する必要はない

 

参考にした本はこちらです

 

 

生命保険が必要な人はこんな人

生命保険が必要なのは以下のパターンに当てはまる人です。

  1. 妻子持ちで貯金が十分にない場合
  2. 親など養う必要がある人がいる

 

こう言った場合には生命保険が必要と言えます。

 

むしろ上記のパターンに当てはまる人は、必要というより必須と考えて下さい。

 

急な事故は誰にでもあるものですから、「家族のため」を考えるのであれば、月々の出費はやむ終えません。

 

リスクにはしっかり「生命保険」で備えていきましょう。

 

生命保険の加入は掛け捨てネット保険がおすすめです。

SBI生命(公式サイト

ライフネット生命(公式サイト

アクサダイレクト(公式サイト

 

このあたりを選べば間違えることがないと思います。

 

 

女性
女性
質問!私は必要な人に当てはまるんだけど、いくら保険をかけたらいいの?
男性
男性
僕もそれが知りたい!
柴犬くん
柴犬くん
では、以下の章で詳しく解説します

 

生命保険の保障はいくらが適正?

この章では生命保険の保障について解説していきたいと思います。

 

分かりやすくするために「0歳の子供を持つ夫婦」というケースを用いて解説していきます。

0歳の子供を持つ夫婦

子供がまだ小さい夫婦は、生命保険の保証額を少し大きくしておくことが必要です。

子供にかかるお金で最も大きいのが「学費」です。

 

小学校、中学校、高校、大学と進学していくことを見越して保険金の額を調整しましょう。

 

一般的に公立と私立の学費はざっくり以下の通り。

公立:1000万円程度

私立:2,000万円程度

 

自分がもし亡くなってしまうと、これらの学費が残された夫婦のどちらかにのしかかります。

 

そのため、保険金の額はこれ以上かこれと同等くらいを目安にするのが良いでしょう。

 

保険金の額=子供の人数×(公立or私立の学費)

 

 

柴犬くん
柴犬くん
どんなケースの場合も「必要な額だけかける」ということを心がけましょう

必要額は年々減っていくはずですから定期的に見直してくださいね

 

生命保険が必要な人そうでない人【まとめ】

生命保険とは、加入者が亡くなった場合お金がもらえる「金融商品」である。

 

生命保険が必要ないのは以下のパターンの人。

  1. 独身で養う人がいない
  2. お金に余裕がある人

 

この場合、自分が亡くなっても「生活に困窮する人」がいないため、生命保険は不要。

 

逆に生命保険が必須なのは以下のパターンの人。

  1. 妻子持ちで貯金が十分にない場合
  2. 親など養う必要がある人がいる

 

この場合、自分がなくなると「生活に困窮する人」がいるため、生命保険は必須。

 

生命保険の保障額は「必要な額」を見極めて決定しよう

子供の学費目安

公立:1000万円程度

私立:2,000万円程度

 

柴犬くん
柴犬くん
無駄な保険には入らない! 柴犬くんとの約束ですよ〜

 

がん保険は必要なの?不必要なの?【徹底解説します】「がん保険って必要なのかなぁ...?」 「2人に1人はがんになる時代だっていうけど...」 「みんな入っているらしいなぁ.....

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です