投資コラム

絶対儲かる投資はあるの?【ありません】リスクとリターンの考え方

「絶対儲かる投資ってあるのかな?」

「世の中のお金持ちは絶対に儲かる投資をしているはず!」

「絶対儲かる投資について教えて欲しい!」

 

この記事では、そんな甘い幻想を打ち砕きます

 

柴犬くん
柴犬くん
結論からいうと

【絶対儲かる投資】

そんなものはな〜〜〜い!!

 

投資について

まずは投資について少しおさらいしてしてみます。

 

投資とは、株や不動産、債券などの「資本にお金を投下する」ことにより、お金を増やすことをねらう行為です。

 

下記の記事で「初心者向け」に解説していますので、合わせてお読みください。

 

絶対儲かる投資はありません!

投資するなら「絶対儲かるものがいい」と考えるのは、正常な反応ですよね。

 

だれだって損はしたくないですし、儲かるものに投資をしたいと考えます。

 

柴犬くん
柴犬くん
絶対儲かるなんて「夢のような言葉」ですね

 

しかし、「絶対儲かる投資」存在しません

 

その理由は以下の通りです。

 

リスクとリターンは常に表裏一体である

 

リスクとリターンは常に表裏一体。

 

これは投資をする人間であれば必ず覚えておきたいワードです。

 

この言葉を理解すれば、世の中に「絶対儲かる投資なんてない」と自信を持って言えるようになります。

 

3つほど例を出して詳しく解説していきますね。

  1. 銀行預金
  2. 株式投資
  3. ビットコイン

 

銀行預金

「あなたは銀行預金をしていますか?」

 

ほとんどの方が「YES」と答えるでしょう。

 

では、銀行に預けたお金に対しても、微々たるものながら「利息」が付くのをご存知でしょうか。

 

小柴ちゃん
小柴ちゃん
多分みんな知ってると思うよ…
柴犬くん
柴犬くん
確かにそうだよね…

でも次の考え方は新しいかも?

 

銀行預金は、ほんの少しとはいえお金が増えるということから「投資の一種である」と私は考えます。

 

 

銀行預金は、一般的には「価値が減らないもの」と思われていますが、実はそうではありません。

 

例えば「物の価値が上がる(インフレーション)」という局面においては、相対的に「お金の価値」は下がります。

インフレーションとは

①昔は80円で変えたハンバーガーが今は100円出さないと買えない

②ポテトチップスが昔は80g入っていたのに、今は60gしか入っておらず値段はそのまま

 

ただ、1年単位でみた時には「物の値動き」というのは、ほとんど感じないほど小さなものです。

 

そのため、預金が「低リスク」であることは間違いありません。

 

低リスクで、お金を「泥棒」などから守ってもらえるという利点があるからこそ、私たちは「金利」が低くても銀行にお金を預けているわけです。

 

柴犬くん
柴犬くん
「たまにお金が消えちゃう」

とかなれば、みんな銀行にお金を預けたがりませんよね〜

その場合は「金利」がうんと高く付くようになるはずです笑

 

つまり銀行預金は、リスク(お金が目減りするなど)が低いため、リターン(利息)も低いと分かってもらえたと思います。

 

銀行預金はローリスク、ローリターンである

 

続いて株式投資をみていきましょう。

株式投資

株式投資とは、企業が発行する「株式」に投資をして、企業の儲けの一部を自分も受け取ることができるという物です。

 

つまり、会社の業績が上がれば「得」をし、会社の業績が下がれば「損」をするというものになりますね。

 

株式投資において、最大のリスクとは「投資した会社の倒産」です。

 

会社が倒産してしまえば「株」の価値も「0」になり、をしてしまいます。

 

そのことから、株はリスクが高いと言えるでしょう。

 

しかしながら、「株式投資」では「銀行預金」にない「大きなリターン」が得られるというメリットもあります。

全世界の株式に投資した場合年利3%~8%のリターンが期待できると言われています

 

柴犬くん
柴犬くん
銀行預金の利息は年利0.001%ですから

実に3,000倍のリターンが狙えるということですね

 

つまり株式投資は、リスク(会社の倒産など)が高い分、リターン(儲け)も高いということがわかってもらえたと思います。

 

株式投資はハイリスク、ハイリターンである

 

最後にビットコインについてみていきましょう。

ビットコイン

ビットコインとは「仮想通貨」の一種です。

仮想通貨は投資というより投機ですが、分かりやすく説明するために取り上げました。

 

ビットコインが出来たばかりの頃は、「1ビットコイン=0.07円」ほどの価値しかなかったそうです。

 

それが今では、「1ビットコイン=100万円」という場合もあり、値上がり率は1428万倍という数字になります。

 

柴犬くん
柴犬くん
一時期「億り人」という言葉が流行りましたよね!

 

そんなビットコインの絶頂期は、2018年。 この時の価値が「1ビットコイン=200万円」という水準でした。

 

しかし、2018年末には急落し「1ビットコイン=35万円」という水準まで急落してしまいました。

2020年5月2日現在のレートは「1ビットコイン=94万円」

 

このように「ビットコインの価値は上へ下へ急激に動く」ということが分かると思います。

 

つまりビットコインはとてもリスク(値動き)が高く、リターン(儲け)も高いと言えます。

 

ビットコインは超ハイリスク、超ハイリターンである

 

ここまで銀行預金、株式投資、ビットコインと3つの例をみてきました。

 

これらから、「リターンを得るにはリスクを背負う必要がある」ということを理解していただけたかと思います。

 

「絶対に儲かる」とは、「リスクを背負わない」といっているのと同じなので、「当然リターンを得ることは出来ない」という理屈になります。

 

柴犬くん
柴犬くん
くれぐれも甘い言葉には騙されないでくださいね!

 

 

最後にこの記事をまとめたいと思います。

 

絶対に儲かる投資はあるの?【まとめ】

絶対に儲かる投資は絶対にありません!!

 

理由は下記。

「リスクとリターンは表裏一体だから」

 

例を3つ上げてみましょう。

  1. 銀行預金お金を失うリスクが低いためリターンも低い
  2. 株式投資お金を失うリスクが高いためリターンも高い
  3. ビットコインお金を失うリスクがとても高いためリターンもとても高い

 

このように、投資におけるリターンは「自分の背負ったリスクに応じて変動する」のです。

 

「絶対に儲かる=損をしない」ということですから、なんのリスクも負わずにリターンがあるわけがありませんね?

 

柴犬くん
柴犬くん
「絶対に儲かる」「元本保障」を語るのは詐欺師の常套手段です

投資に絶対なんて、絶対ないと覚えて帰っていただければ幸いです〜

 

 

投資をするのであれば「堅実」な投資を! 「投資初心者」にはつみたてNISAがおすすめです。

【初心者向け】つみたてNISAってなに?徹底解説|図解付き

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です